お客様の声

弁護士 佐藤 高宏
≪第一東京弁護士会≫

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-13
ノーブルコート平河町204号
TEL:0120-61-5555
FAX:03-6272-6135

e-mail

soudan@koutsuujiko-law.com

オフィシャルサイト

http://homes-tokyo.com/

弁護士に依頼するとどうなるの?

あなたに不利な示談交渉になっていませんか? 示談金、賠償額に納得いきますか? 治療の為の通院中にもかかわらず、打ち切りの話はありませんか?

「少なくとも今回の事故で強いられた余分の出費くらいは払ってもらわないと・・・」、「弁護士にお願いして少しでも増額の見込みがあればお願いしてみようかな・・・」、「保険会社の提示には全く納得できない!」というように、相談者の意向に沿った解決手段をご提案します。

保険会社との交渉とは

損害額には、自賠責保険の保険金額、任意保険会社の保険金額、裁判所の示す損害額の3段階があります。損害賠償額を上げるということは、裁判所の示す損害額を支払ってもらう、あるいはそれに極力近づけるということになります。その方法には主に訴訟提起、示談交渉の2つがあります。

訴訟

裁判所の示す額を支払ってもらうために最も確実なのは、損害賠償請求訴訟を提起するということです。ただ、交通事故における損害賠償請求というのは、一般の方が訴訟を提起し、進めていくのは極めて困難なことです。
また、裁判所という慣れない場所に出頭する精神的負担も相当なものです。そこで、弁護士が受任し、訴訟を提起することで、適正な損害賠償を受けることが出来ます。

示談

訴訟をしなければ損害賠償額は上がらないのかというと、必ずしもそうではありません。

弁護士が交渉をする場合でも、最初から訴訟を提起するものではありません。
保険会社に対し、適切な損害賠償請求をすることから始まります。その際、裁判基準により計算した損害額を保険会社に提示して、支払いを請求します。

当然、被害者本人による交渉も可能ですが、話がまとまらない場合、弁護士が介入していれば速やかに訴訟手続きなどを採ることが可能となります。

そこで、訴訟上での話し合いが長引くことや、訴訟により裁判基準の満額プラス遅延損害金を支払よりも示談交渉により、少しでも支払額を抑えられたほうが営利の保険会社としても本音は・・・ということがありますので、弁護士の介入により、より適切な賠償請求と早期解決が見込めます。

解決までの流れ

1.お問い合わせ

メールかお電話にてご相談ください。
担当の事務員が概要を伺ったうえで、弁護士との面談日程を調整いたします。

2.面談により法律相談

お話を伺ったうえで、解決までの方針をご提案します。
相談をしたからといって契約しなければならないということはありませんし、無理やり契約に誘導するような言動は一切ありません。一度ご自宅へ持ち帰り、ご家族の方と相談して、再度相談される方もいらっしゃいます。
なお、入院中などの理由により、面談場所をご都合のよろしい場所に指定して頂くことも可能です。

3.委任契約の締結

相談者にとって、増額の見込みがないなどメリットがないようであれば、ご説明をした上で契約を結ばないこともあります。当然、ご納得の上でご依頼いただく形となります。

4.保険会社との交渉開始

示談交渉の開始です。後遺症がある場合、等級認定を獲得するための申し立てなどが必要となります。その際、主治医や相談者の協力も必要となります。

5.示談成立or不成立

示談成立の場合、保険会社からの支払いで完了します。
不成立の場合、下記の流れに続きます。

6.訴訟

保険会社の提示する示談の条件に納得がいかず、保険会社もそれ以上の条件を出してこない場合、依頼者に相談の上、訴訟提起または紛争処理センターへの示談斡旋の申し立てに入ります。

7.訴訟上の和解もしくは判決

訴訟上の和解になるケースと判決という結果があります。

ポイント

後遺障害等級認定などが必要な場合、示談まで時間がかかるケースもございます。事案によっては解決まで長期にわたるケースもございます。諦めない事が肝心です。

交通事故のご相談は無料となっております。お気軽にご相談ください。

TEL:0120-61-5555 FAX:03-6272-6135

弁護士法人ホームズ 受付時間:平日9:00〜18:00