お客様の声

弁護士 佐藤 高宏
≪第一東京弁護士会≫

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-13
ノーブルコート平河町204号
TEL:0120-61-5555
FAX:03-6272-6135

e-mail

soudan@koutsuujiko-law.com

オフィシャルサイト

http://homes-tokyo.com/

後遺障害等級 認定のポイント むち打ち

『むち打ち程度・・・』と簡単に考えないでください。『むち打ちでは後遺障害は認定されない・・・』と諦めないでください。適切な手続きを取ることによって後遺障害として等級が認定されることも少なくありません!

軽度神経症状の基準

自賠法施行令別表 労災保険の認定基準 12級13号と14級9号の相違
(※)
12級13号 局部に頑固な神経症状を残すもの 通常の労務に服することはでき、職種制限も認められないが、時には労務に支障が生じる場合があるもの 検査により神経系統の障害が立証できるもの、自覚症状に符合する外傷性の画像所見と神経学的所見が認められるもの
14級9号 局部に神経症状を残すもの 14級は12級よりも軽度のもの 目立った他覚所見は認められないが、神経系統の障害が医学的に推認されるもの、外傷性の画像所見は認められないが、自覚症状と符合する神経学的所見が認められるもの

むち打ち(頸椎捻挫)認定のポイント

むち打ちによる痛みや痺れを訴えても、「そのうち治る」とか「たいしたことはない」と言われてしまうことが多いため、「むち打ち」では後遺障害にならない、と考えられている方も多くいらっしゃいます。

確かに、むち打ちの症状は目に見えて明らかというわけではないので、簡単に後遺障害として認められるわけではありません。しかし、客観的に後遺障害が存在していることを検査等から証明し、適切な後遺障害認定手続をとることによって、14級9号が認められることも多いですし、症状によっては12級13号が認められることもあります。

14級9号の認定を受けた方が、異議申し立てをした結果、12級13号が認められるというケースもあります。また、非該当とされた方が、異議申し立てをした結果、14級9号の認定を受けることもあります。

むち打ちの場合、痛みやしびれといった自覚症状が治療の期間中ずっと継続していたか、また、そのような自覚症状を各種検査によって客観的にどの程度証明できるのかが、等級認定のポイントになると考えられます。

むち打ちで病院に行くとレントゲンを撮られて終わり、ということも多いのですが、そもそもレントゲン撮影は骨折などがないかを確認するためのものですので、骨折などを伴わないむち打ち症などの場合、レントゲンによって痛みやしびれといった神経症状が発症している原因を明らかにすることは困難です。MRI検査では椎間板などの軟部組織の状態も明らかにできるため、ヘルニアなどの神経症状の原因と思われる状態を発見することが可能となり、その結果、後遺障害の認定につながる場合もあります。

また、MRI検査以外にも、自覚症状を客観的に証明できる検査があります。例えば、上肢の深部腱反射の異常や上肢の筋萎縮の存在等が検査から明らかになれば、後遺障害として認定される可能性が高まります。自覚症状を客観的に裏付けることのできる検査所見が多ければ、後遺障害として認定される可能性が高くなります。

さらに、治療の期間中は、しっかりと自分の症状(痛みやしびれの部位や程度など)を医師に伝えておくことも大切です。

Point

  1. 受傷直後からの一貫した自覚症状があるか
  2. その自覚症状を医師に伝えているか
  3. 自覚症状を裏付けるMRI検査
  4. MRI検査といった画像以外で、自覚症状を裏付ける深部腱反射や筋萎縮の存在等の検査

交通事故のご相談は無料となっております。お気軽にご相談ください。

TEL:0120-61-5555 FAX:03-6272-6135

弁護士法人ホームズ 受付時間:平日9:00〜18:00