お客様の声

弁護士 佐藤 高宏
≪第一東京弁護士会≫

〒102-0093
東京都千代田区平河町2-4-13
ノーブルコート平河町204号
TEL:0120-61-5555
FAX:03-6272-6135

e-mail

soudan@koutsuujiko-law.com

オフィシャルサイト

http://homes-tokyo.com/

後遺障害等級 認定のポイント 手足の後遺障害

人間の手足は、今までと同じ動きができなくなるなど、少しでも不具合があれば、仕事だけでなく私生活にも大変な影響を与えます。必ず適切な後遺障害等級認定の手続きを続けましょう!

上肢の障害(手指を含む)

上肢の障害の分類としては、欠損障害、機能障害、変形障害の3種類があります。

欠損障害

上肢を失った場合をいいますが、その程度によって1級3号、2級3号、4級4号、5級4号、7級6号などにわかれています。

機能障害

例えば人工関節を挿入置換した場合とか、肩関節を骨折し肩が上がらなくなった場合など、上肢の機能に障害が残った場合をいいます。
程度によって、1級4号・5級6号・6級6号・8級6号・10級10号・12級6号などにわかれています。
機能障害では、患側(ケガをした側)の関節可動域が健側(ケガをしていない側)と比べて1/2以下に制限をされているのか(10級10号)、3/4以下に制限をされているのか(12級6号)など程度に応じて後遺障害等級が認定されます。骨折などにより生じた関節の可動域制限の場合は他動値(医師などの他の人が関節を動かした場合)の計測値で判断されます。計測に際しては、器具を使用して正確な値を記載してもらうことが大切です。
また、後遺障害診断書を書いてもらう際には、可動域制限が生じた原因が何にあるのかといった具体的な点についても記載してもらっておいた方が良いでしょう。

Point

  1. 健側も含めて目測ではなく、器具を使って計測すること
  2. 可動域制限が生じた原因を明らかにすること

変形障害

変形障害とは、上肢に偽関節を残した場合とか、骨折後変形癒合して腕がわん曲してしまった場合などをいいます。
程度によって、7級9号・8級8号・12級8号などにわかれています。
偽関節を残したものとは、骨折部位の周囲全ての骨癒合が不全で、偽関節部の異常可動性があるものが後遺障害として認定されます。

下肢の障害(足指を含む)

足指の障害の分類としては、欠損障害、機能障害、変形障害、短縮障害の4種類があります。

欠損障害

下肢を失った場合をいいますが、その程度によって1級5号・2級4号・4級7号・5級5号・7級8号などにわかれています。

機能障害

例えば下肢の3大関節が完全に硬直した場合とか、関節の運動可動領域に制限が残った場合など、下肢の機能に障害が残った場合をいいます。
程度によって、1級5号・5級7号・6級7号・8級7号・10級11号・12級7号などにわかれています。
可動域制限に関しては、上肢にて説明したとおりですが、下肢の場合、膝の靭帯を損傷したことによる膝関節の動揺性(膝がグラグラして安定しない)が生じることがあります。動揺性も機能障害としての評価となりますが、後遺障害認定を請求する際は、ストレスレントゲンの撮影や筋萎縮の有無など検査を行ない、動揺性の程度を明らかにする必要があります。

Point

  1. 下肢靭帯損傷の場合は動揺性の程度を明らかにする

変形障害

下肢に偽関節を残した場合とか、骨折後変形癒合して大腿骨や脛骨がわん曲してしまった場合などをいいます。
程度によって、7級10号・8級9号・12級8号などにわかれています。

短縮障害

下肢の長さが短縮した場合をいいます。短縮した長さによって、8級5号(5cm以上)、10級8号(3cm以上)、13級8号(1cm以上)にわかれています。短縮障害では、実際に骨の長さをレントゲン等で確認して判断します。

足指の障害の分類としては、欠損障害、機能障害があり、内容・程度により等級が細分化されています。

交通事故のご相談は無料となっております。お気軽にご相談ください。

TEL:0120-61-5555 FAX:03-6272-6135

弁護士法人ホームズ 受付時間:平日9:00〜18:00